会社案内

ご挨拶

昭和39年創業以来、社内一貫生産を目標に今日まで歩んでまいりました。
多様化するニーズに合わせ、今まで培ってきた技術力、経験がお客様のご要望に柔軟な対応することができ、多くの信頼をいただいております。
確かな技術・高精度の品質・スピード生産をモットーに創業以来45年、常にお客様のニーズにお応えし続けていくとともに、これからも、業界トップレベルのスピード生産高付加価値・高品質を目標に、社会の一員として、信用第一をモットーに更なる飛躍を目指します。

皆様のご支援、ご指導を賜りますよう深くお願い申し上げますと共に、今後の躍進する武藤工業株式会社にご期待ください。
武藤工業株式会社
代表取締役 武藤 文一

工場写真

  • 本社工場
    本社工場
  • 第二工場
    第二工場
  • 第三工場
    第三倉庫(玉村倉庫)

会社概要

社名武藤工業株式会社
代表者代表取締役 武藤 文一
所在地〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町2985-1
創業年月昭和39年1月
資本金1,000万円
従業員数28名
工場面積敷地 3,385m2 建物 1,320m2
事業内容プレス加工、プレス金型製作、治工具製作、板金加工、機械加工各種溶接加工
経営理念 ■ 社会の一員としての自覚と責任を持ち信用を第一とする。
■ 常に創業の意識でお客様に喜ばれる企業になる。

アクセスマップ


大きな地図で見る

沿革

昭和39年武藤製作所を創設し、電気部品等、部品加工を始める
昭和44年小型プレスを主にした生産体系から、中型・大型プレスを主とした厚物型抜き加工、
絞り加工に主力をおき、空調・冷凍器関係の部品の製造を始める
昭和46年農業機器関連部品・除雪機部品等の受注・製造に着手しプレス加工及び溶接加工の充実を図る。
昭和52年本社工場を群馬金属プレス工業団地に移転。武藤工業株式会社を設立する
昭和56年自動車関連部品(ブレーキ関係)の製造を開始
昭和63年金型設備の充実を図り、本格的な金型の受注・製造を開始する
平成02年本社工場前に第2工場・倉庫を増設する
平成04年(財)中小企業国際人材教育事業団より、国際研修生、育成事業に参加
平成08年第2工場に金型設備を増強し、品質・精度の向上を進める
平成14年事務所及び食堂を新設
平成16年群馬県 1社1技術に選定
平成19年群馬県高崎市倉賀野町に新工場を設立
平成20年板金設備、金型設計システム(CAD・CAM)の更新
平成21年大型トラック用部品の新規受注、生産を開始
平成22年3次元測定器を更新し、精度の更なる向上を進める
平成24年板金設備をオーバーフローし、精度の向上と、スピードアップを進める
平成25年3月教育研修生・技能実習生・海外支援受入事業所として20年連続で行ってきた為、
インドネシア国労働大臣より表賞授与
平成25年8月新工場を新設し、新規金属加工組み立てを開始する
平成26年ロボット溶接機を増強し組立て強化を計る
平成27年3D・CADCAMを入れ替え、設計精度の向上を行う
平成28年複合旋盤加工機を増強、機械加工の精度向上と速度向上を行う
平成29年レーザー加工機を入れ替えし、板金加工の速度及び精度の向上強化する
平成30年新型ワイヤーカット加工機を導入、金型精度及び生産スピード向上を進める